特集記事

動物園飼育員

テキスト枠
動物園は、小さい子どもから大人まで、みんなが楽しめるレジャースポットです。 動物を見て楽しいだけでなく、小動物とのふれあいコーナーや、園内ガイドツアー、 季節のイベントなど、さまざまな企画に、いつもワクワクしますね。 さて今回は、飼育員のお仕事についてお話をうかがいました。 動物のお世話をするのはもちろんですが、ほかには一体どんなお仕事があるのでしょうか?
テキスト枠

どんな仕事なのか

オオツノヒツジの写真
テキスト枠
飼育員の仕事でまず思い浮かぶものは動物への給餌や掃除等の飼育作業でしょう。 しかし、じかに動物にさわることはあまりありません。
飼育員の安全と、野生状態を確保するために、 ほとんどが「間接飼育(動物と飼育員が一緒の空間に入らないこと)」です。
このほかの仕事として、動物の飼育繁殖などの調査・研究や種の保存、血統登録なども行います。 また、教育普及活動の一環としてガイドを行ったり、解説看板を作るほか、イベントを企画することもあります。
動物園を訪れた人に、動物の魅力を伝えることはもちろん、 動物たちが置かれている現状や、絶滅の危機について知らせることも大切な仕事です。
テキスト枠

主に扱う動物は?

テキスト枠
哺乳類・鳥類など。(爬虫類・両生類・魚類や昆虫を飼う場合もある。)
金沢動物園の特徴は、希少な草食動物が多いことです。
テキスト枠

資格取得期間や費用

アミメキリンの写真
テキスト枠
畜産系の大学・動物飼育専門学校で専門知識を身につけたほうがいいでしょう。
動物園は博物館と同じような機能があるので、学芸員の免許を取得しておくと、 教育普及活動を行う際やイベント企画時に役立つことがあるようです。
動物園内は、車で移動することもあるため、車の免許を持っていると便利です。
テキスト枠

どんな人に向いているか

インドゾウの写真
テキスト枠
動物が好きなことはもちろんですが、幅広い視野を持ち、物事をいろいろな角度から見ることのできる人。 また、コミュニケーション能力のある人。 その日の気候など、ちょっとしたことで動物たちの体調は変化します。 その時々に適した対応ができるよう、幅広い視野や知識が必要です。 動物には関係ないと思っていた知識が、ふとした時に役立つこともあります。 色々なアイデアを考え出せるといいですね。
ガイドの仕事ではコミュニケーション力が不可欠。 また、ゾウの飼育は数人のチームで行いますから、飼育員同士の連携が重要です。 休みも交代なので、休み中の作業や動物の体調等の引き継ぎをしなければなりません。 ここでもコミュニケーション力が必要になりますね。
テキスト枠

従事する上でのポイント

テキスト枠
毎日の動物の様子を細やかに観察し、 記録します。食欲・食べ残し、フンの状態、毛ヅヤなど、ちょっとした変化を見逃さないようにします。 健康状態など気になることがあれば、獣医師に様子を正確に伝え、治療等を行います。
このほか動物たちが健康に過ごせるよう、エサの種類や与え方を工夫したり、展示場や寝室の改良、遊具の設置などを行います。 動物園の動物はペットとは違い、野生動物です。動物によって、ある程度の距離感を持って飼育する必要があります。
テキスト枠

動物カメラマンの一日のスケジュール

コアラの写真
テキスト枠
◆午前中
動物の状態を確認し展示場に出した後、寝室の掃除、エサ作り。
◆午後
ガイド・動物の観察、調べ物、掲示物の作成など。
会議などが入る場合も。
◆夕方
動物を寝室に入れて、展示場の掃除
一日を振り返り、飼育日誌をつける。
イベントの準備など。

*夜間開園のイベントを行う場合もあります。
*親が子を育てなかった場合、人工哺育 (育雛)をすることがあります。その場合、朝早く来たり、夜遅くまで付き添うこともあります。
テキスト枠

動物園飼育員を目指す人へのメッセージ

テキスト枠
飼育員は、言葉を話せない動物たち代弁者として、動物たちが健康に暮らせるように様々な工夫を行っています。 また、みなさんが動物園に来て楽しんでもらえるよう、動物や自然環境について知ってもらえるように努力しています。 動物たちの魅力をみなさんに伝えるやりがいのある仕事だと思います。頑張ってください。
テキスト枠

人物紹介

アラビアオリックスの写真
テキスト枠
【人物紹介・インタビュー先】
横浜市立金沢動物園 広報室 鈴木義明
◆経歴
1994年 日本大学生物資源科学部卒業
1994年 横浜市入庁、横浜市立野毛山動物園勤務。アミメキリン、グレビーシマウマ、ダチョウを担当。 その後、爬虫類、なかよし広場(ふれあいコーナー)、ミヤコタナゴ、教育普及・広報を担当。
2008年 横浜市立金沢動物園に異動。オオカンガルー等を担当後、2009年から広報担当に。

横浜市立金沢動物園
http://www.kanazawa-zoo.org/
〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
電話: 045-783-9101
FAX: 045-782-9972
テキスト枠
一覧に戻る
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』