特集記事

合同会社もえれ製作所 〜犬用車いすの開発について〜

テキスト枠
「Help For Handicapped animals! (ヘルプ フォー ハンディキャップ アニマルズ)」をスローガンに掲げている企業があります。 北海道・札幌市にある“合同会社もえれ製作所”です。犬や猫用の歩行補助器を始めとして、 一般動物用医療機器など、ペット達の生活をより豊かなものにするために、 幅広い製品の企画・開発・販売を行っている優しい企業。 まずは「犬用車いすの開発について」等のお話をうかがってみました。
テキスト枠
テキスト枠

写真

―――どうして「犬用車いすの開発」の事業をはじめたのですか?
歩けないイヌを飼っていることもあり、リハビリ用にと製作しました。 元々、精密機器製作会社であったため、それが比較的容易にできたことが事業を始めたきっかけです。 その後、同じ境遇の経営者達ということで、3社合同の形で『もえれ製作所』を設立しました。
テキスト枠
テキスト枠
―――犬用ということで、難しかった点や工夫をこらしたところなどはありますか?
犬は人間と違い言葉が話せません。全て、何らかの態度で主張してきます。 そのため自分の身体に合わなければ、歩くこと・走ることもしないのです。 そこを踏まえたうえで、ハーネスをお腹、腰等で巻き付けフィットさせています。 フレームに関しては丈夫で錆びないステンレスや、 航空機器等に使用されている、より軽く強いジェラルミンを使用しています。 車輪軸に関しては、犬にストレスを感じさせることなく、 踏み込みと同時に前に進めるようにベアリングを使用しています。 デザインに関しては、全体的に曲線などを使うことで、 柔らかなイメージを出し、金属独特の重厚感をなくしました。
テキスト枠
テキスト枠

写真

―――開発段階で心に残るエピソードなどはありますか?
そうですね…。数多くの試作品を作りました。失敗するたびに動物生体書を読み直し、疲れはてた事もありました。 このように行き詰った時などは、獣医師からの助言を始めとして、本当にたくさんの方々からアドバイスをいただきました。 今思えば、その事が製品作りに大変役立っていると思います。
テキスト枠
テキスト枠

写真

―――犬用車いすの無料イベントを開催されているようですが…。
イベントでのみなさんの反応に驚いています。正直ここまで良いとは思っていませんでした(イベントの詳細はブログ参照)。 使用後のフィードバックで、「リハビリ用で使用しているのですが、 イヌの足の力が少しずつ回復してきているようです」――といった報告がありました。 とても嬉しく思いましたし、同時に一番印象的な報告でした。
テキスト枠
テキスト枠
―――経営者の方や、スタッフの方々のペットへの思いを教えてください。
まず弊社のメンバー全員は、なにかしらハンディーキャップを持っている動物を飼っている、もしくは飼っていた経緯があります。 食や医療を始めとするさまざまな要因で、ペットも昔に比べて遥かに長生きになっていますが、 年と共に足腰も弱くなっていると感じています。また、ペットの事故も多くなっているようです。 海外においては、宗教的なこともあり、歩けなくなったペットは即、安楽死という国もあります。 そのような状況の中で、弊社はペットの『生』の選択肢を考える一企業として成長を遂げなければならない――と思っています。
テキスト枠
テキスト枠

写真

―――今後の展開をお聞かせください。
今後は弊社のホイールチェア製品、既存の医療機器の精密パーツを足がかりに、 日本国内はもとより、外へ向けた営業活動を進め、日本の技術を世界に広めて行きたいですね。 また、ホイールチェアに関しては、日本国内の動物病院を窓口とした展開をはかっていく予定です。
テキスト枠
テキスト枠
―――企業としての夢を語ってください。
先程も述べましたように、海外では日本と違い宗教的に歩けなくなったイヌなどは即、安楽死の国が多いというのが現状。 これを踏まえたうえでの弊社の『夢』…それは、そういう宗教観をも変えるSPA企業(*)として認知され成長していくことです。
(*)SPA企業(Speciality Store Retailer of Private Label Apparel): 企画から製造、販売までを垂直統合させてムダを省くことで、消費者のニーズに迅速に対応できるような企業。
―――ありがとうございました。
テキスト枠
テキスト枠
もえれ製作所の製品は、現在、北海道外での取り扱いはありません。 しかし、問い合わせが増えてきていることもあり、今後は、 きちんと対応して頂けるようなプロショップ等との協力も考えながら、全国規模での展開を予定しています。 さらに、インターネットで完結できるシステムや、お客様へのオンタイム製作推移がわかるシステムの構築を進めているそうです。
テキスト枠
【取材先】
合同会社もえれ製作所 竹田勇さん

http://moere-works.com/
http://blog.moere-works.com/
info@moere-works.com

2010年5月 経済新聞WEBに掲載。
ヤフーニュース北海道版でも掲載。
一覧に戻る
宿・ホテル予約ならじゃらんnet