特集記事

動物調教師(トレーナー)

テキスト枠
動物園や水族館のショーは、子どもから大人まで楽しめる、 まさに花形のお仕事です。そこに係わるのが動物調教師(トレーナー)! 動物たちとの息もぴったりで、日頃から深い信頼関係で結ばれているように感じますね。 さて、今回は水族館のイルカのトレーナーさんにお話しをうかがうことができました。 トレーナーにはどんな人が向いている? イルカにジャンプを教えるためのマニュアルがあるのかな? そんな疑問も解決できますよ。
テキスト枠

どんな仕事なのか

イルカの調教風景の写真
テキスト枠
動物園や水族館などのショーで活躍する動物たちの飼育・管理をしながら、動物たちにパフォーマンスを教えます。 教えるというより、動物たちと協力し合いながら、ショーを作っていく――というイメージがぴったりのお仕事です。
動物を訓練するお仕事ならば「動物調教師」という言い方がされているようですが、 イルカ等の場合は、「トレーナー」と呼ぶほうが一般的です。
テキスト枠

主に扱う動物は?

テキスト枠
水族館の場合は、イルカ・アシカ・アザラシなど。そのほか、犬・馬・サルなど。
テキスト枠

資格取得期間や費用

イルカショーの写真
テキスト枠
特に必要な資格はありません。
最近ではトレーナー職を目指す人のための専門学校もあるようです。 しかし、専門学校を卒業したからといって、必ずトレーナーになれるとは限りません。
動物園や水族館などを経営しているところが民間企業であれば、 まずはその企業に採用されなければなりません。 地方自治体が運営する施設でも同様です。
テキスト枠

どんな人に向いているか

テキスト枠
何と言っても動物好きな人。
動物のことを中心に考えられる人(動物の具合が悪ければ休日がなくなることもある)。
人前に出ることに抵抗がなく、明るい人(ショーの説明など、話す機会も多い)。
責任感があり、がまん強い人
動物への観察力があり、小さな変化にも気づくことのできる人。
機転のきく人。
テキスト枠

従事する上でのポイント

イルカショーの写真
テキスト枠
みなさんもご存じかと思いますが、イルカはとても賢い動物です。 イルカのトレーナーの場合、イルカが何を考え、 どのようなやり方をすれば面白いと感じて楽しく芸を覚えてくれるのか、常に考えながら接しています。 ジャンプのマニュアルなどはありません。 イルカも十人十色で、覚え方もそれぞれなのです。 それを踏まえて、「このやり方では分かってないな…」と感じたら、 すぐに切り替えて違うやり方を試します。 「これがダメならこっちでやってみよう!」と次の手、もっと言えば、 さらに先の一手を考えながら接することがポイントとなります。 まさに機転を働かせなくてはならないのです。 また、イヤイヤ教えていると、その気持ちはイルカにも伝わります。 トレーナー自身が、いつも楽しむ気持ちを持ち続けることが大切でしょう。
テキスト枠

1日のスケジュール

テキスト枠
朝、1日分のエサの準備。イルカたちの検温や健康状態・食欲等のチェック。
9:30〜 イルカのトレーニング
トレーニング後はショーに出て、終わるとまたトレーニング。
トレーニングとショーの繰り返しで、その間に、 アシカやアザラシのトレーニングやえさやりが入り、一日が終了する。
テキスト枠

動物調教師(トレーナー)を目指す人へのメッセージ

イルカショーの写真
テキスト枠
「トレーナーになりたい!」この熱意をずっと持ち続けてください。 仮にイルカのトレーナーになれたとしても、それがゴールではありません。 トレーナーになってからが「スタート」なのです。 そこからどうするのか、熱意を持っていなければ、長く続けられる仕事ではありません。
トレーナーのお仕事は華やかなイメージがあるかもしれませんが、とても地味できつい仕事です。 自分自身でも常に面白いことを見つけ、勉強しながら、 「どうしたら動物たちを楽しませることができるのか」を考えてほしいですね。
水族館の動物たちは、生涯、この限られた空間だけしか知りません。 それだけに私たちトレーナーは、 「どうしたら動物たちが充実した一生を送ることができるのか」を考えていくことが使命だと思っています。
テキスト枠

インタビュー先と人物紹介

イルカショーの写真
テキスト枠
【インタビュー先】
しながわ水族館

【人物紹介】
しながわ水族館 トレーナー
松戸利久(まつと としひさ)

子どもの時から近所の水族館が大好き。現在は、バンドウイルカ、オタリア(アシカの一種)、 カリフォルニアアシカ、ゴマフアザラシのトレーナーとして活躍中。

しながわ水族館
http://www.aquarium.gr.jp/
株式会社サンシャインエンタプライズ
http://www.sunshine-ep.co.jp/
テキスト枠
一覧に戻る
宿・ホテル予約ならじゃらんnet