特集記事
第9回 飼い主さんのきもち調査隊
これまでにおこなったユーザーアンケートの結果をまとめて発表! ペットのしつけやペットにかかるフードやグッズ代金など、「他の飼い主さんはどう思っている?どうしてる?」など、 ペットについてのいろんなアンケートをご紹介。 最近のペットオーナーの動向がよ〜くわかる、ペット好き集まれ!飼い主さんのきもち調査隊。 あなたの意見は多数派?それとも少数派?みんなの意見と比べてみよう!
 
ペットのお悩み大調査!

男女比:男性29% 女性71%     

現在のペットの悩みはなんですか?

  • 特になし
  • 吠え癖
  • 食事の問題
  • 噛み癖
  • トイレの問題
  • その他
  • サブメニュー有

ペットのしつけ・食餌・健康など、悩みはつきないと思いますが、 ペットに関する悩みがあると回答した人の中で一番多く挙がったのは「吠え癖」でした。
留守中に吠える、夜中や早朝に遠吠えをするなど、ペットが吠えることで困ってしまう状況は色々ありますが、 共通しているのは「吠える事」で家族のストレスはもとより、 近隣からの苦情がくるのを心配している飼い主さんが多いという事です。
しかし、「吠え癖」などのしつけの問題は、きちんとしたトレーニングを行うことで改善されます。
家族全員でペットの問題に向かい合い、愛情を持って一生懸命根気よくしつけを行う事が悩みの解決につながります。
また、意外にも「特に悩みがない」という意見も多く挙げられました。
最近ではペットの悩みを解決する手段は、動物病院やしつけ教室などだけでなく、 雑誌・参考書・インターネットなどのメディア媒体など様々な形で増えてきています。
それらを工夫して、ペットライフに上手に取り入れている飼い主さんが増えているのかもしれません。

ペットと入れる施設を利用したことがありますか?

ペットと入れる施設を利用したことがありますか?のグラフ
  • 利用した事はない
  • ペットカフェ
  • ペット泊まれる宿
  • ペットショップ
  • その他の施設

数年前まではペットが入れる施設は限られていましたが、 最近はようやくその数を増やしつつあります。
増加傾向にありますが、まだ多いと言える数ではない為なのか、 「利用した事がない」という意見も多く挙げられていましたが、 ペットと入れる施設を利用したことがあるという飼い主さんの中では 「ペットカフェ」が一番多く挙げられていました。
ペットカフェは、ペットが入店できるだけでなく、ペットの為の料理メニューや、 トリミングなどのサービス、さらには飼い主さん同士が集まり、
ペットを通じて交流を深めることができるパーティーなどを催すお店もあり、 楽しむだけでなく、ペットの社会性を高める場としても注目されているようです。
そして、2番目に多かった「ペットと泊まれる宿」は、アットホームな雰囲気が魅力なペンションから、 ペットの為に設備された客室やペット向けのサービスが充実している宿まで、 ペットと充実した時間を過ごすことができる宿が徐々に増えてきています。

ペットフードに毎月かかる金額はいくらですか?

ペットフードに毎月かかる金額はいくらですか?のグラフ
  • 〜1000円
  • 1001円〜2000円
  • 2001円〜3000円
  • 3001円〜4000円
  • 4001円〜5000円
  • 5001円〜6000円

ペットフードの価格は種類や容量によって異なります。
しかし、飼い主さんにとってはペットに良いフードを食べさせたいと思うと同時に、 家計の負担にならないようになるべく節約したいという気持ちもあります…。
毎月かかる金額の中で一番多かったのは「1,001〜2,000円」。
ペットフードの価格もありますが、一頭(一匹)のみの飼育だったり、小型のペットを飼っている場合であれば、 この意見の価格範囲は平均的と言えるのかもしれません。
一番少なかった意見は「4,001〜5,000円」で、 一番高価な範囲である「5,001円〜」は、一番少ない意見ではありませんでした。
1か月のフード代が高価格な理由として、 通常のフードより高い処方食(療養中のペットの為に動物病院が提供するフード)を与えているという事も考えられます。

今回の結果はいかがでしたか? これからもどんどんアンケート結果を紹介していきますので楽しみにしていてください! いろいろな視点からみんなのきもちを紹介していきますのでチェックしてくださいね♪

バックナンバーはこちら
一覧に戻る
 
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』