特集記事
第10回 飼い主さんのきもち調査隊
これまでにおこなったユーザーアンケートの結果をまとめて発表! ペットのしつけやペットにかかるフードやグッズ代金など、「他の飼い主さんはどう思っている?どうしてる?」など、 ペットについてのいろんなアンケートをご紹介。最近のペットオーナーの動向がよ〜くわかる、 ペット好き集まれ!飼い主さんのきもち調査隊。あなたの意見は多数派?それとも少数派?みんなの意見と比べてみよう!
 
あなたにとってペットはどんな存在かを大調査!

      

現在のペットの悩みはなんですか?

  • 自分が守ってあげたい「子供」みたいな存在
  • 親友よりも、「相棒」に近い存在
  • なんでも理解してくれる「親友」のような存在

やはり、かわいいペットは「子供」のような存在なのですね。
最近ではペットも家族の一員といわれるようになり、コンパニオン・アニマルとも呼ばれるようになってきています。
確かに、ペットのかわいいしぐさやいたずら好きな所などは 人間の子どもと照らし合わせても何となく似ているところがあるような気がします。
また、「相棒」のような存在であるという意見も2番目に多く挙げられました。
飼い主さんの気持ちを一番理解して、いつもそばで見守っていてくれるような存在なのでしょうか?
一昔前では、ペットは番犬や使役犬として飼育されており、今ほどペットと飼い主さんの距離が近くありませんでした。
近年では、より一層ペットと飼い主さんのコミュニケーション手段が多様化しています。
今後はペットの地位を家庭内だけでなく、社会的にも向上させることが、飼い主さん全体の次のステップなのかもしれません。

ペットを飼い始めた動機はなんですか?

ずっと飼いたいと思っていたら、両親が新聞広告で飼い主募集の記事を見つけたので。

小さい頃から飼っていて居て当たり前だったから

昔から飼ってみたかった

可愛いから

癒しを求めて

一目ぼれ

好きだから

子供にせがまれて

心の拠所・店員に勧められて

沢山のご意見の中から一部抜粋しました。

ペットを飼い始める理由はさまざまです。
本アンケートでもいろいろな理由でペットを飼い始めたことが分かりました。
昔からの「飼いたい」という想いを叶えた飼い主さんや、昔からペットと暮らしていたため、 ペットがいることが当たり前となっている飼い主さんも多いようです。
一目ぼれや店員に勧められたからという衝動的な理由でペットを飼い始めた飼い主さんもいるようです。
しかし、飼うことを決めてから準備を始められた飼い主さんは大変だったのではないでしょうか。
ペットを飼うと得られるものが多い分、手間もかかりますが、
ペットと一緒にいて楽しい時間や癒される時間を大切にし、楽しいペットライフを過ごしてください♪

今回の結果はいかがでしたか? これからもどんどんアンケート結果を紹介していきますので楽しみにしていてください! いろいろな視点からみんなのきもちを紹介していきますのでチェックしてくださいね♪

バックナンバーはこちら
一覧に戻る
 
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』