特集記事
第12回 飼い主さんのきもち調査隊

あなたのペットを色で表すとしたら何色か大調査!

あなたのペットを色で表すとしたら何色ですか?

あなたのペットを色で表すとしたら何色ですか?
  • 黄色
  • ピンク
  • その他

ペットに対するイメージは白色、黄色、ピンク、赤色などが多くの回答を集めました。
その他の意見として、黒色、オレンジ色、茶色、青色、緑色、虹色など様々な色が挙げられました。
飼い主さんがこれらの色をイメージした理由として、白色、黄色、茶色などは毛色を想像しているのではないでしょうか。
また、一般的なイメージでピンクや赤色は女性(メス)、緑色や青色は男性(オス)を想像しやすいため、 見た目や性別のイメージがペットを色であらわした場合に反映されやすいようです。
また、虹色という意見は7変化するくらいつかみどころがないペットの性格が色として出てきているようです。
このようにペットを表した色を聞いただけでも飼っているペットが想像できそうです。
今後、ペットのイメージは変わることがあるかもしれませんが、ペットに対する愛情は変わらずいて欲しいですね。

夜寝るとき、ペットはどうしていますか?

夜寝るとき、ペットはどうしていますか?
  • 一緒に寝ている
  • ケージの中で寝ている
  • その他
  • 自分のベットで寝ている

『一緒に寝ている』と『ケージの中』という回答がほぼ同数でした。
『リビングなど好きな場所で寝ている』という回答などもあり、 ペットを室内で自由に過ごさせている飼い主さんが多いということが分かります。
理由としては、家族の一員として見られるようになってきた現在のペット事情が反映されているようです。
また、『ケージの中』という意見が多かった理由として、ペットにとってケージの中が落ち着く場所であることや、 ペット可の賃貸住宅が増えてきたことなどがあげられます。
どこであれ心休まる寝床を用意してあげることが大切ですね。

朝起きたとき、ペットはどうしていますか?

夜寝るとき、ペットはどうしていますか?
  • 飼い主が起きると一緒に起きる
  • 先に起きて起こしてくれる
  • その他
  • 飼い主が起きても起きて来ない

『一緒に寝ている』と『ケージの中』という回答がほぼ同数でした。
『リビングなど好きな場所で寝ている』という回答などもあり、 ペットを室内で自由に過ごさせている飼い主さんが多いということが分かります。
理由としては、家族の一員として見られるようになってきた現在のペット事情が反映されているようです。
また、『ケージの中』という意見が多かった理由として、ペットにとってケージの中が落ち着く場所であることや、 ペット可の賃貸住宅が増えてきたことなどがあげられます。
どこであれ心休まる寝床を用意してあげることが大切ですね。

今回の結果はいかがでしたか? これからもどんどんアンケート結果を紹介していきますので楽しみにしていてください! いろいろな視点からみんなのきもちを紹介していきますのでチェックしてくださいね!

バックナンバーはこちら
一覧に戻る
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』