特集記事
第29回 飼い主さんのきもち調査隊

ペットと暮らせる部屋探し大調査!

今までペットと暮らす住まいを探したことはありますか?

質問1の結果グラフ
  • ある(47%)
  • ない(50%)
  • これから探そうと考えている(3%)
「ある」「なし」がほぼ半々といった結果になりました。 最近ではペットを飼ってもよい「ペット可住宅」だけでなく、 ペットと暮らしやすい設計手法を取り入れた「ペット共生住宅」も増えてきているようです。 これはペットが家族の一員として認知され、 ペットを優先した物件を選びたいといったニーズが増えてきていることがうかがえます。
新しい住まいを探すときは家賃や広さ、最寄駅など交通の便に目がいってしまいがちですが、 大家のペット共生に対する考え方やそれを管理する不動産業者の考え方・対応方法、 そして入居者側のモラルは、今後そこで暮らすうえでの重要なポイントになります。 また、ペット可と言っても「飼育可能なペットの種類」 「飼育可能頭数」等が規約として決められている住宅もありますのでしっかりと確認をしましょう。 さらに「防音」「におい」「周辺のペット関連施設」 など安心して暮らせる環境が整っているかどうかもチェックしておくと実際に暮らし始めてからとても役に立ちます。

ペットと暮らす上で周辺に必要な施設は何ですか?

質問2の結果グラフ
  • 夜間診察可能な動物病院(60%)
  • フードやグッズが売っているペットショップ(23%)
  • ドッグラン(13%)
  • ペットカフェ(10%)
  • 特に必要ない(13%)
かかりつけの動物病院だけでなく、大切なペットに緊急事態が起こったとき、 時間外でも診療してくれる動物病院があると安心できますね。また、ペットショップに関しては、 お店によってはフードなど商品の取扱いが異なります。 必要に応じて使い分けることができるようにしておくと買い物が楽になりそうです。 また、「ドッグラン」や「ペットカフェ」などペットと一緒に楽しめたり、 ゆっくりと時間を過ごしたりできる施設が近隣にあると、より充実したペットライフが送れることでしょう。
今回の結果はいかがでしたか? これからもどんどんアンケート結果を紹介していきますので楽しみにしていてください! いろいろな視点からみんなのきもちを紹介していきますのでチェックしてくださいね♪
バックナンバーはこちら
一覧に戻る
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』