特集記事
ペットの雑学検定 猫のルーツ
Q1.アメリカンカールはもちろんアメリカが原産国である。
正解:○
アメリカで突然変異的に発生した品種で、耳がカールする確率は50%程度と言われています。(配点10点)
Q2.無毛の「スフィンクス」は暖かいミャンマーで突然変異的に発生した。
正解:×
カナダが原産。長毛種の猫が数匹の無毛の猫を産んだのが最初と言われています。(配点10点)
Q3.ワイルドな外見の「サバンナ」には、野生ネコ「アフリカンサーバル」の血が入っている。
正解:○
アメリカで人為的につくられた、日本では見かけることがあまりない品種です。(配点10点)
Q4.毛並みが美しい「ソマリ」はソマリアが原産である。
正解:×
ソマリはアビシニアンの長毛版。 アビシニアンの原産国であるアビシニア(現エチオピア)の隣国がソマリアだからこの名前がついたと言われています。(配点10点)
Q5.歴史の古い「ブリティッシュショートヘア」の起源は2世紀にまでさかのぼる。
正解:○
ローマ人がブリテン島を侵略した際に、ネズミ捕りのために持ち込んだ猫がルーツであると言われています。(配点10点)
Q6.「シャム」はタイの王室や寺院などで大切に飼われていた猫である。
正解:○
その大切にされようは、かつてのシャム国(現タイ)と同じ名前であることからもうかがえます。(配点10点)
Q7.「ペルシャ」には起源に関する逸話はいくつかあるものの、いまだはっきりと解明されていない。
正解:○
原産国はアフガニスタンとなっていますが、 イタリアから宝石や香料などといっしょに持ち込まれたという説もあります。(配点10点)
Q8.「スコティッシュフォールド」はもともとイギリスが原産であるがロングヘアはアメリカが原産である。
正解:○
垂れ耳が特徴のひとつとして人気があるものの、耳が折れる確率は3割程度と言われています。(配点10点)
Q9.「ロシアンブルー」は、イギリスで自然発生した猫がルーツであると言われている。
正解:×
ロシアで自然発生したと言われていますが、絶滅の危機に瀕した際、 イギリスなどで人為的な交配を行い、現在の美しい姿となったため、 原産国はイギリスということになったと言われています。(配点10点)
Q10.「ラグドール」の名前の意味は「ぬいぐるみ」である
正解:○
ラグドール(ぬいぐるみ)という名前がぴったりな容姿をしています。(配点10点)
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

☆0〜20点
残念!
もうちょっと勉強しましょうね。

☆30〜50点
もうちょっと!
たくさん勉強して猫に詳しくなろう。

☆60〜80点
あと一歩!
もう少しで満点です。

☆90〜100点
すばらしい!
猫好きなんですね!

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

監修者プロフィール

pet&i

Pet&iSchool(ペットアンドアイ)
開校以来約200名のドッグアドバイザーを輩出してきたスクール。
現在は、たくさんの愛犬家が学ぶ通信コースを開講中。
姉妹店として、犬の保育園「ドッグキャンパス」やドッグランなどがある。
ホームページはこちら >> http://www.petischl.com/

一覧に戻る
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』