特集記事
ペットの健康・知識検定 犬種学5編
Q1.AKC(アメリカンネルックラブ)では犬を用途や形態により5グループに分類している。
正解:×
スポーティング、テリア、ハーディング、ハウンド、ワーキング、ノンスポーティング、トイの7種類です。(配点10点)
Q2.ハーディンググループ(牧羊犬)は日が暮れると神経質になる。
正解:○
羊たちを害獣から守るため、日が暮れると本能的に警戒心が強くなります。(配点10点)
Q3.ハーディンググループ(牧羊犬)はタフである。
正解:○
外見の良さより悪天候のもとでも働けることやコンスタントに全速力で走れることが要求されて改良されてきました。(配点10点)
Q4.初期の鳥猟ではスポーティンググループ(鳥猟犬)の犬は鷹とコンビで使われた。
正解:○
犬が木陰や草原の鳥を追い立てて飼いならされた鷹が空から獲物を仕留めました。(配点10点)
Q5.スポーティンググループの犬は泳げない。
正解:×
猟の種類によって改良され、水鳥猟に使われるラブラドール犬などは泳ぎが得意です。(配点10点)
Q6.スパニエル犬はスポーティンググループである。
正解:○
スパニエル犬は鳥猟犬です。中世の猟の様子を描いた絵画にも登場しています。(配点10点)
Q7.ハウンドグループとは獣を猟る犬のことである。
正解:○
銃が発達していなかった頃から獲物を追いつめてしとめる役割を持っていました。 飼い主の指示を待つ時間の余裕は無く、自分で判断して獲物を捕えることが多かったようです。(配点10点)
Q8.ビーグルは団体でウサギ等を追う犬である。
正解:○
ウサギは出発点に戻る習性があり、ビーグルがウサギを追いハンターは出発点で待ちました。(配点10点)
Q9.テリアは草の茂みのなか獲物を穫る犬である。
正解:×
土穴や岩穴に住むキツネ、アナグマ、カワウソ。イタチ等の獣をとります。(配点10点)
Q10.テリアの口ひげが長いのは保温のためである。
正解:×
テリアの頭は穴の中に入るために細くくさび型で野獣に咬まれないように口は剛毛に覆われています(配点10点)
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

☆0〜20点
残念!
犬の種類は多いので少しずつ知識を広げましょう。

☆30〜50点
もうちょっと!
原産国を知ると犬種の生きてきた背景と歴史がわかります。

☆60〜80点
あと一歩!
よく勉強されていますね。原産国がわかると犬の見方も変わったりして。

☆90〜100点
すばらしい!
よくご存知です。世界の犬種地図も作れるでしょう。「合格!」です。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

監修者プロフィール

ペット検定事務局

ペット検定事務局 (日本ペット技能検定協会)
ドッグ検定1級2級・ドッグヘルスアドバイザー検定・ドッグトレーニングアドバイザー検定・ ペット美容アドバイザー検定、を実施。
一般愛犬家からプロフェッショナル、業界人まで多くの層から支持を受けるペット検定。 楽しくて奇想天外な問題が貴方のペット脳を活性化します。 全ての検定を制覇してペット博士を目指しましょう。

目指せ!ペット博士「ペット検定」
ホームページはこちら >> http://kentei.j-pet.com/

一覧に戻る
リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座